組織の概要

設立目的

名前の由来

社長の挨拶

副社長の挨拶

グループ情報












グループ情報















株式会社 米沢郷牧場の歩み



























■1974年(S49年)










オイルショックによる肉牛の出荷価格急落に対し、地元で肉牛の販売開始。「屋代地区肉牛直販グル
ープ」発足。



■1975年(S50年)










首都圏へブドウ販売開始により、タマ消費生活協同組合(現・東京マイコープ)、下総生活協同組合
(現・Lコープ)と知り合う。生協への肉牛供給を開始し、首都圏生活協同組合事業連絡会議(現・首都
圏コープ事業連合)との取引に発展。



■1978年(S53年)










農業組合法人「米沢郷牧場」設立。(組合員5人、資本金300万円)。同時に、地元への販売部門とし
て「共同購入部」設置。



■1979年(S54年)










ブドウ・サクランボ等の果物の出荷も始める。



■1980年(S55年)










首都圏事業連とブロイラーの実験生産開始。カトー菌(有用微生物)を利用した自家配合(発酵)飼料
の生産開始。共同購入拡充のため専従職員を置く。



■1981年(S56年)










法人設立3周年記念として加藤登紀子コンサートを開催。共同購入の地域拡大を図る。首都圏事業連
との契約でブロイラーのレギュラー生産を開始。漬物等の農産加工に着手。定款を変更して、農地を持
てる法人となる。



■1982年(S57年)










畑14haを借入る。漬物や餅等の農産加工品目を充実。



■1983年(S58年)










農産加工場設置。



■1984年(S59年)










各生産部会設置、婦人部結成等の組織期間の拡充を図る。



■1985年(S60年)










生協以外の消費者組織へ対応する組織として「(有)まほろば出荷組合」設立。



■1987年(S62年)










米を農家自らが合法的に取扱う(第一次集荷)組織として「(株)米沢農産」設立。



■1988年(S63年)










ブロイラー増羽に伴い農業生産法人「(有)まほろばライブファーム」設立。



■1989年(H1年)










農業法人「(株)瑞穂牛生産牧場」設立。



■1990年(H2年)










カナダよりリムジン牛導入。「(有)七ヶ宿中央リムジン牧場」と改名。ブロイラー生産にBMW技術導入
(飲水に活性水を使用する。)



■1991年(H3年)










中国の合弁事業として「北京望澤郷畜産有限公司」設立。組合員を18名に拡大。資本金800万円が
増資される。



■1992年(H4年)










リムジン牧場にBMW技術を導入し、「生物活性水」と飲水のシステムを設置。中国より魯西牛導入。



■1993年(H5年)










田・畑・果樹園に生物活性水を利用した実験生産を開始。堆肥センター稼動開始。ブロイラー生産に
「生物活性水」システム設置。「(有)東北自然学研究所」設立。「BM技術協会全国交流会」を米沢郷
で共催。



■1994年(H6年)










専業農家を核とした稲作組織「(有)ファーマーズ・クラブ赤とんぼ」設立。ミニ・ライスセンターと精米機
(25馬力)設置。



■1995年(H7年)










農村女性の店「ファーマーズマーケット見草」開店。



■1996年(H8年)










堆肥センターの機会化に伴い堆肥(コンポスト)製造本格化。



■1997年(H9年)










リムジン牧場が宮城県公社営事業開始し、200頭収容牛舎建設。および、堆肥センター1棟増設。



■1998年(H10年)










ブロイラーのBM菌体製造も兼ねた「(自家配)飼料工場」を設置。(Max50t/day)。リムジン牧場に
未利用資源活用の「飼料工場」設置。ブロイラー鶏舎4棟新設。平成10年度版「環境白書」に掲載。



■1998年(H10年)










ブロイラーのBM菌体製造も兼ねた「(自家配)飼料工場」を設置。(Max50t/day)。リムジン牧場に
未利用資源活用の「飼料工場」設置。ブロイラー鶏舎4棟新設。平成10年度版「環境白書」に掲載。



■1999年(H11年)










ブロイラー鶏舎3棟新設。農産加工場新設予定。



■2001年(H13年)










自給飼料確保のため減反田でのホールクロップサイレージづくりを始めるW・C・S組合設立。



■2002年(H14年)










板木農場(鶏舎)開設



■2006年(H18年)










農業組合法人米沢郷牧場から株式会社米沢郷牧場に移行。



■2008年(H20年)










飼料自給率向上のため、飼料米作付けを本格化。同時に米鶏の実験生産を開始